デザインテイスト

ホームページ制作を業者に依頼するとなると、企業イメージを的確に伝える必要性が生じます。そのイメージが、デザインテイストに直結するからです。しかし言葉で説明するのは簡単ではありませんから、予めどのようなテイストがデザイン界に存在するのかを調べた上で、最も企業イメージに近いものを選択して提示するのが効率的です。デザインテイストはネット上を調べれば、纏められたサイトが数多く存在することが分かります。信頼できるサイトを選び、カテゴリー別に閲覧してみましょう。よく見かけるのは、エレガント、ナチュラル、和風、スタイリッシュといったテイストです。テイストのカテゴリーはどんどん増えているため、最新のトレンドも取り入れながら選択するようにします。フラットデザイン、パテラックスと聞いてもイメージできない人は、流行に乗り遅れているのかもしれません。これを機に是非勉強して下さい。

 デザインテイストを決定付けるのは、クライアント自身が抱く企業イメージであることは間違いないのですが、大前提として業種ごとに適したテイストというものがあります。またサイトの種類によっても、適用すべきテイストが異なります。例えば、ECサイト、コーポレートサイト、リクルートサイトには、それぞれ無難なレイアウト、デザインテイストが存在します。それらを無視して挑戦するのはリスクを伴います。専門家と相談して決定するのが良いでしょう。

 デザインのトレンドについては、なにも日本国内に絞って調べる必要はありません。海外のトレンドから最適なテイストを選ぶことも出来ます。海外のデザインはやはり日本人にとって刺激的なものが多く、結果的に選択しなくても大いに参考にすることが出来ます。