スラスラ読めるWEB文章

WEB制作の中で、WEBライティングは、重要な役割を果たすコンテンツとして、そのライティングの質を求める声は多くあります。WEB制作における文章力の役割として、皆さんはそのような文章が必要とされているかご存知ですか?様々な、WEBライティングについて語られた書籍などを見回してみると、幾つかの共通点がみつかりました。その中の1つに、「同じワードを、使い過ぎない」というようなポイントがありました。このような話を友人に問いてみたところ、友人は、文章を読んでいる中で、同じワードが、多く出てくると何か、文章自体に威圧感のようなものを感じると語っていました。私自身は、そのような威圧感を感じるような感覚は、あまりないのですが、文章を読み解くセンスのある人たちには、そのような文字の解釈や羅列に、違和感や文章のつまづきを思うのかもしれません。スラスラ読む事のできるWEB文章とは、おそらくそのような違和感やつまづきを感じないようなライティングの事を差し示しているのだとは思うのですが、どういった文章がスラスラ読む事のできるライティングであるのか、私自身感覚的なものが備わっていないようなので、何とも言えません。実際に、WEBライティングについて語られた書籍などの方式に沿って、文章を書く事で読み易く、分かり易い文章が作成されるのだそうですが、それらの方式を事細かく実行する事自体が私には威圧感に感じています。(笑)