タイトルの評価

WEBライティングにおける、「タイトル」選びは、そのWEB制作における肝であると表現する人がいるほど、WEB情報を得たいと考え、サイトを訪問している人達にとって、「タイトル」ネーミィングはWEB制作における重要な要素となっているようです。「タイトル」のクォリティを気にしながら、ライティングを行っているというライター仲間の1人に、「タイトル」の重要性を尋ねたところ、「実は最近、タイトルの部分は、プロのコピーライターに任せているのだ」との回答でした。WEB制作チームの中で、その役割を分担性にして活動している友人は、WEB制作における、コンテンツとなる方向性を踏まえた文章は、ライターとしての自分の役割として作成するけれども、「タイトル」に関してのネーミィングは、その重要度を踏まえると、プロに任せた方が運営上、望ましいという考えに至ったそうなのです。そのくらいユーザーたちが、本当に「タイトル」に注目して、サイト内を閲覧しているのか・・・、という疑問が湧きましたが、実際に、そのようなWEB制作の戦略において友人たちのWEB制作チームのSEO評価が上がったようなので、「タイトル」の選び方次第で、ライティングのコンテンツとしての評価も変わるものなのかもしれないという考えが芽生えはじめました。