タイトル選びとのテーマ数

WEB制作のライティングに関する、セミナーに参加してみる事にしました。多くの要素についての、レクチャーがありましたが、その中の1つの要素を活用しながら、今回はWEB制作におけるライティングを目指して行きたいと思います。今回の要となります、セミナー受講でレクチャーされた要素は、「ライティングの中で書きたい内容の具体的なテーマを1つに絞るというポイント」です。今回のタイトルとして、WEB制作「タイトル選びとのテーマ数」と掲げましたが、このようなタイトルを掲げながら、ついつい、あらゆるテーマ要素を数多く放り込みたくなるのが、長年、ライティングをしている者の悪い習慣となってきている節でもあります。「タイトル選びとのテーマ数」として始まった文章が、最終的には、私のランチメニューの決め方などに、文章の内容が大きく方向に方向転換して、発展してしまっては、ライターとして、そのライティングの舵を取りを取り間違えたりする事もあるのです。ライティングしている、ライター本人には、話の筋道が見えていたとしても、WEBコンテンツを読むユーザーたちにとっては、「WEBライティング」についての情報を得たくて、コンテンツを訪れてみたのに、ランチメニューの選び方などに矛先が変わってしまっては、無意味なサイト訪問であったと残念な結果を感じてしまうのがユーザーたちの本音なようです。ですから、タイトルに掲げたテーマ通りにライティングするべく、具体的なテーマ内容も基本増やさず、1タイトル、1テーマとして文章の筋道を立てる事が、ライティングの基本として重要事項であります。文章を構成していると、あれもこれもと、情報を追加していきたくなりますが、ユーザーが求めている具体的な情報は、タイトルに掲げた1テーマで十分であるという事を念頭に、ライターとしての本分を貫き通す姿勢が大切なようです。