ターゲットに属したライティング

WEB制作を行う上で、「ターゲットを絞る」とは、お客様像をある程度推測しながら絞り込む事です。WEBサイトを訪問するユーザー層の分類を行い、そのターゲット属した、お客様に向けてのWEB構成を個々に考える事が、ユーザーをファンとして確保する近道なようなのです。多種多様なユーザーが、皆さんのWEBサイトを訪れる際の理由は、様々です。「商品やサービスが、今すぐ欲しいと思い、WEBサイトを訪れる人」もいれば、「商品のスペックを確認するだけで、商品の購入は保留中のお客様」もいれば、「なんとなくサイトの広告につられて、暇つぶしにWEBサイトにやってきたお客様」もいるはずなのです。様々なタイプのユーザーがWEBサイトを訪れる際に、彼らが通りやすい、それぞれの通路をWEBサイトのレイアウト上に、ライティング構成する事で、様々なタイプのユーザーが、WEBサイトのファンとして確保できるという考え方があります。WEB制作の時点で、WEBサイトを訪れる様々なお客様のスト―リーを構築し、そのお客様に沿った、WEBライティングで、様々なページへ、お客様をご案内する流れとなります。【様々なお客様のタイプの例】■商品やサービスが、今すぐ欲しいと思い、WEBサイトを訪れたユーザー■商品のスペックを確認するだけで、商品の購入は保留中のユーザー■なんとなくサイトの広告につられて、暇つぶしにWEBサイトにやってきたユーザー 上記のようなタイプ別のお客様を、各タイプに別合わせたWEBライティングで、それぞれのニーズに沿ったWEBページへとご案内する事も、ファン確保のWEBサイト戦略となります。