レスポンシブなデザイン

WEB制作時に、スマートフォンなどのモバイル系のデバイスに対応した、WEBサイト制作を行う際には、「パソコンから閲覧するサイト」と、「モバイル端末から閲覧するサイト」を区別して、それぞれに専用サイトとしてWEB制作方針を組み立てる方法もあります。パソコン専用サイトと、モバイル端末専用サイトを、WEB制作側で用意するとなると、その工程の増幅が、デメリットとして考えられますが、モバイル専用サイトにおいては、スマートフォンなどの画面の小ささや起動速度を踏まえた、モバイル専用のWEBサイトを構築する事が可能となるので、モバイル端末に優しいWEB制作が行えます。ですがスマートフォンユーザーの中には、モバイル専用サイトの情報量の少なさを指摘する人々もいるので、ユーザー側が、どちらのサイトを利用したいのかを選択できるようなスイッチ機能をサイト上に設ける事で、ユーザーからのおおよその問題は解消されるでしょう。ユーザー目線で製作したWEBサイトが、全てのユーザーのニーズに応える事は難しいですが、様々なユーザーの声に応えられるような、リベロ的な機能をうまく利用する事で、ユーザー満足度を上げるようなサイトづくりを行っていきましょう。