レスポンシブWEBデザイン

レスポンジブWebデザインは、Googleが推奨する制作手掛で、画面サイズに応じて見せ方(表示)を変更する制作手法です。URL、HTMLともに「変更なし」となっています。つまりは、PCかタブレットかモバイルかなどの閲覧者の環境に左右されず、情報も含めてすべて同ーのWebサイトとすることができるため、ユーザーにも検索エンジンにも理解しやすいのです。筆者もおすすめするのが、このレスポンシブWebデザインです。

その理由としては、スマートフォン、PCユーザーのどちらに対しても、平等に情報を提供すべきであり、その観点において、問題なくサイト制作や運営ができるからです。スマートフォンの台頭も背景にありますが、PCユーザーを決しておざなりにするわけにはいきません。ほかの手法だと、更新などの際に、2つ同時に作成する手間や、情報を同一にしなければいけない確認作業も発生することから、制作側が大きな負担を強いられる可能性をはらんでいます。たとえるなら、多くの地雷を避けながら目的地に向かっていくようなものであり、更新時の手間や留意点が格段に増えていくことになるでしょう。

なお、情報が同一で、適切な施策を行うのであれば、上記のいずれの施策かによって順位に差がつくものではありません。

レスポンシブWebデザインのメリット

ユーザー側

URLが統一されていた場合、大きなメリットとしては、リンクやシェアが容易であることが挙げられます。たとえばURLを周囲の人に送る際第lに、「このサイトはPC用かな?それともスマートフォン用?」などと、わざわざ確認するでしょうか。そもそも一般の人は、「URLは1つ」と思章|い込んでいることが多く、確認よりも以前に、サイトのURLが異なることを想像すらしていない場合も非常に多いようです。このように、URLが異なると、別のサイトと勘違いをされる可能性があります。また、サイトをアピールするうえでもユーザーが迷うことがないため、最適といえます。

なお、ここまでの利点は、後述する動的配信も同様です。しかし、レスポンシブWebデザイン最大のメリットは、情報に差が生まれにくいという点にあります。非表示設定などを施していなければ、寸分の狂いもなく同じ情報を見せることができます。

Google側

一方、Google側にとっては、クローラにやさしいというメリットがあります。単一のURLであることから、効率的に巡回することができるので、コンテンツを適切に発見しやすいのです。

異なるURLや動的な配信の手法で、行っていたとしても、適切にディレクションすれば問題は生じませんが、少し手間がかかります。さらに、間違えた施策をしてしまうと、検索エンジンから誤解を受け、順位下落の要因になる場合もあります。

ページをまめに更新しましょう

頻繁に新しい情報が掲載されるページ、 3年間情 報が変わらないページ。検索ユーザーが求めるページはどちらでしょう? 検索エンジンは情報の新しさも評価基準にしています。 ページ内に、定期的かつ頻繁に更新できるコンテンツを設置しましょう。目安として、月 1回以上は更新を行うのがいいです。

ページを頻繁に更新すると、どれだけの効果があるので しょうかつ

Googleでは、上位ページほどページのファイル更新日付が新しいことがわかりました。
Google で 、更新したばかりのページが上位になる傾向ありこれは、 Google がページが更新される頻度を重要視していることを示しています。

ページを頻繁に更新するためには、更新できるコンテンツがないと不可能です。そ のためには、更新可能なコンテンツを検討してみてください。パターン化できる更新コンテンツにしておくと、サイト更新 の効率アップが図れます。 検索エンジンは、今までのページ情報を保存しているため、実際にコンテンツが変 わってないことを見抜いてしまいます。