未来の人材育成

子どもたちが、プログラミングに興味を抱いたり、WEB制作に取り組んだりする姿が、現代社会において、珍しくない事柄になりつつあります。こどもたちが、デジタル機器の操作を学びながら、その構築を学ぶ事は、今後、国の経済発展にも大きく反映する知識と在り得ますが、その半面、WEBなどの、不特定多数の人々と自由にコミュニケーションを取れるような環境の元に、子どもたちを放置する事は、トラブルや犯罪に巻き込まれてしまう可能性を秘めています。子どもたちがWEB制作に取り組む際に、必要な注意点などをまとめてみました。【個人情報をWEBサイトに書き込んではいけません】子どもたちがWEBの社会の中で、人々と接点を持つ際、良心的な人ばかりが、WEBサイトを訪問してくれるとは限りません。どんな人々が、WEBサイトを訪れようと、個人的な情報を読み取れるような、事柄を書き込む事をルールとして禁止しなくてはなりません。■学校名■クラス名■住所■電話番号■ラインID などの個人を特定できるような書き込みは、絶対に書き込みを禁止しなくてはならないルールです。氏名を書く事は、グレーゾーンとして捉える人々もいますが、ニックネームなどを利用する事で、子ども自身の社会的なルールやモラルが身に就く時期まで、待つという事も有効かもしれません。 【学校であった出来事を日記として書き込むような場合】お友達を傷つけるような書き込みはしてはいけません。学校でウワサになっているようなお話なども、冗談であっても場合によっては、相手を傷つけてしまう可能性がある事を伝えましょう。WEBの社会では、一方的な会話となる事もあり、WEBサイトを訪れた相手に、書き込みをしている本心が伝わりにくいケースもある事を、こどもたちに理解してもらう必要があります。【WEB制作をする上で、嘘を書き込む事はいけません】子どもたちが自身から発信する情報への責任感をもたせる必要があります。自分が、WEBサイトに書き込みをする事で、他の人々が読む、情報を得ているのだという認識をもたせましょう。【他人のWEBサイトからの情報を、無断で自分のサイトに利用してはいけません】WEB制作の中で、他のサイト情報を使用する場合は、許可が必要なのだというルールを伝えなくてはなりません。また、自分のサイトに利用しなくとも、他人のサイトから、勝手に情報やデータをダウンロードする事は、法律で禁止されている事を理解してもらう必要があります。 WEB社会での、子どもたちの行動は、トラブルや犯罪に巻き込まれるだけではなく、本人たちが、法を犯してしまう可能性のある事を説いていく必要性があります。