検索エンジンの種類

SEO対策において、googleやYahoo,beingの検索結果の表示方法は遣うので、対象の検索エンジンを理解する必要があります。Google とYahoo! 、beingの違いを理解しましょう。検索エンジンの利用法はほとんど同じです。 SEO対策を行うにあたって、まず検索エンジンの仕組みを理解していくことが先決だと思います。普段みなさんが何気なく利用している検索エンジンは、 利用する側から見れば、基本的にどれも使い方は同じです。検索ボックスにキーワードを入力して検索ボタンをクリックする、この一連の作業をおこなうことで、画面上に検索結果の一覧が表示されます。「上位表示させたい」なら検索エンジンをよく知ることが大切になるでしょう。しかし、任意のキーワードこ検索を行った際に、自分が作ったのサイトを確実に掲載したいというのであれば、また話が変わってきます。それぞれの検索エンジンによって、検索結果が違ったり、サイトが並ぶ順位も異なってきます。また、検索するキーワードによっては、テキストだけではなく画像や動画のコンテンツが検索結果に反映されるときもあります。そのため、検索エンジンがどのように検索結果を表示し、またウェブサイトを登録し、どのようなルールにしたがって表示をおこなっているかを解明しなければ、SEOの対処のしようがないのです。

検索ユーザーと検索エンジン

検索ユーザーが入力したキーワードに対して 、ニーズあるサイトを表示できるかど うか 。この精度が検索エンジンのシェア拡大の如何を握っています。 Yahoo!やGoogleとい えども、検索の結果、 上位に表示されたページのリンク先が 二一ズに合わないと、検索エンジンの信頼度が低下してしまいます。マッチングの精度は、世界中のWebページのインデックス量の確保や、言語解析技術のみならず、検索ユーザーの所属する国の国民性、インターネット環境など多様な問題をクリ アした上で成り立つものです。 日本国内でシェア No。1のYahool、米国でのシ ェアNo。1のGoogleは、それぞれの高度な技術とノウハウで、検索ユーザーに「人類の集合知」を提供し、ユーザーを虜にしています。 検索エンジンは、 Web上に存在するあらゆるサービス情報の格付け機関であるといっても過言ではありません。