滞在時間とコンバーション

WEB制作における、ユーザーがサイトを訪れた際の滞在時間や訪問回数などに、SEOの評価が左右される事があります。WEB制作・運営の中で、更新頻度の高いWEBサイトは、ユーザーの訪問頻度も高いとも言われています。ユーザーの訪問数と滞在時間の数時は、多ければ多いほど、ユーザーから評価を得ているサイトであるという判断が行われるのですが、皆さんのWEB運営は、いかがでしょうか?ユーザーのサイト滞在時間は、WEBサイトの、「使い易さ」や「信頼度」に比例するなどとも言われるくらい、使い勝手の良いWEBサイトや、新しく良い情報の集まる信頼性の高いサイトには、何度でも、リピーターが集まると考えられています。そのような、再訪問の回数が積み重なる事で、リピーターが、ファン化する事で、WEB制作・運営における、コンバーション数に繋がっていくと考えられています。たしかに、私自身も、気になる商品や、欲しい品物があるサイトには、足繁く通ってしまう傾向は否めません。ユーザーのお気に入りのサイトになる事が、コンバーション数を伸ばす理由ともなり得るようです。