ドメインの持つ意味

ドメインはホームページを制作すると自動的に付されることになりますが、SEO的には非常に大きな意味を持つ文字列です。SEOの基本はコンテンツの質を上げることと、リンクを獲得することですが、ドメインはそのどちらとも関係するのです。ですから独自ドメインであれば、SEO上の資産を独り占めすることが出来ます。他方、サブドメインの場合、同様の資産はドメインの運営元にも流れてしまいます。ホームページを制作する際、本格的で質の高いページを作ることが出来るという自負がある会社ほど、独自ドメインに切り替えるのはそのためです。

筆者としては以上の理由から、コーポレートサイトは独自ドメインを採用した方が良いと考えますが、それでもやむを得ない事情でサブドメインを使うことがあるでしょう。もちろんサブドメインであっても、そのサイトで集客力を高め、収益を上げることは可能ですから、是非挑戦して下さい。また、主軸のサイトとは別に、サブのサイトを新たに作りたいと考えている時も、サブドメインは役立ちます。サブのサイトはより詳細な情報を提供するのに優れており、専門性豊かなコンテンツで認知度を高める効果があります。検索エンジンも、マニアックな内容が記述されたページをより高く評価する傾向にありますから、大企業も中小企業も、サブのサイトを積極的に開設しましょう。 ところでドメインはWEBサイトのみならず、メールアドレスにも転用されることがあります。特に独自ドメインでサイトを構築している場合、オリジナリティの高いメールアドレスを運用することが出来るようになります。独自ドメインを使用したメールアドレスのメリットは多岐にわたります。例えばフリーメールを使用するのに比べて、取引相手から得られる信頼は大きくなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です