独自ドメインのメリット

独自ドメインはその性質上、サブドメインよりコストが掛かります。しかしコーポレートサイト等を運営する場合、そのコストを上回るメリットがあるとお考え下さい。実際、ほぼ全ての有名企業のサイトは、独自ドメインを選択しています。メリットとしては第一に、シンプルなアドレスをアピールできることが挙げられます。サブドメインやサブディレクトリが付いてしまうと、どうしても雑然としたアドレスになり、見た目に美しいとは言えません。シンプルな独自ドメインを見たユーザーは、そのアドレスに強く印象付けられることでしょう。そうなると、アドレス自体が会社の認知度の向上に貢献することになります。言わばアドレスによるブランディングが功を奏するのです。

独自ドメインの第二のメリットとしては、SEOとの相性が良い点が挙げられます。サブドメインのサイトであってもSEOを施すことは可能ですが、独自ドメインのサイトはより効果的に施策することができます。理由は単純です。検索エンジンは同一ドメインのサイトの表示数を制限する傾向があるからです。検索エンジンとしては、なるべく多様なドメインを検索結果として提供したいという思惑があり、最近はその狙い通りに進んでいるように思われます。サイト運営者もSEOを重視するのであれば、この傾向を無視するわけにはいきません。因みに筆者は検索エンジンのこうした企図を、決して否定しません。ドメインが同じサイト同士は、内容、テーマ、ジャンルが似通う可能性が高いからです。さらにサブドメインには決定的な弱点があります。それは、当該ドメインを付した多くのサイトの中の一つが、何らかのペナルティを検索エンジンから受けた場合、残りのサイト(同じドメインのサイト)も評価が下がってしまうという点です。何の関係もない他社の悪質な行為によって、自社の評価が下がってしまうのですから、無視できない弱点と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です