ヒアリングは対面と対話が基本

Web制作に限らずプロジェクトを頼む側も頼まれる側もできる限り、無駄なく進捗させていくためには疑問を感じたとき、すぐに確認できるような体制を整えておくのが理想と言われています。それが叶わない(ほとんどそうですが)時は、疑問点などをまとめておいて、早い段階ですり合わせしておくことが大切です。

このような目的で行われるのがヒアリングと言われ、そのフェーズごとのプロジェクトマネジメントとしても重要視されています。そのため目的などに応じたいろいろな手法が紹介されており、有効活用が期待されています。

基本的なお膳立てとして挙げられているのが、対面、会話というキーワード。人数は1対1を原則とされていますが、アイデアなどの発出を期待するのであれば、むしろ複数の方が成果は大きいと言えるかもしれません。これは状況判断が求められるところでしょう。