リスク発生条件を想定し対策策定

Web制作プロジェクトにおけるリスクマネジメントは、予算管理やスケジュール管理などに限らずプロジェクトマネジメントの知識体系となるPMBOKで示される九つのマネジメントの深く関わってくる管理項目と言ってもいいでしょう。

とりわけ制作段階以降の具体的作業では欠かせません。ここでその検討・対処手法の一つに、具体的なリスクを事前にある程度予想して対処を考えておくというもの。

もしも・・・となった場合は、という今までの経験などを参考にリスク発生時の対応を検討しておくと、おかないとでは雲泥の差と言ってもいいでしょう。

とりわけ要件定義で示された内容に対してや、実際にかかったコストと予算との落差、スケジュールが詰まってきてしまった、メンバーが急遽変更になってしまったなど、その候補は枚挙にいとまがないと言えるのかもしれません。

これらに対して優先順位を設け、対処案を策定しておくと効果的です。

いろいろあるヒアリング形式

プロジェクトマネジメントに限らず情報収集のために行われる手法にインタビューやヒアリングというものがあります。Web制作でも発注者と受注者というような立場の違う両者によるヒアリングもその一つ。これらヒアリングには、その目的などによって形式や手法も変わってきます。

例えば、グループ同士で行う「フォーカスグループインタヒュー」。議事進行役の司会を立てて行うものでお互いがもつ期待や意見を忌憚なく出し合うもの。

いろいろな考え方が出て有効な形態と言われています。また「ファシリテーション型ワークショップ」と呼ばれるものでは、ステークホルダーと言われるプロジェクトに関し決断できる立場の人たちによる問題点の抽出と対処を主目的にしたもので、かなり密度の高いヒアリングの部類と言えるでしょう。

その他ブレーンストーミングなどを主目的にして、基本的に出た意見に反論しない、など目的に合わせたヒアリングを使い分けていくのが効果的。

ヒアリングは対面と対話が基本

Web制作に限らずプロジェクトを頼む側も頼まれる側もできる限り、無駄なく進捗させていくためには疑問を感じたとき、すぐに確認できるような体制を整えておくのが理想と言われています。それが叶わない(ほとんどそうですが)時は、疑問点などをまとめておいて、早い段階ですり合わせしておくことが大切です。

このような目的で行われるのがヒアリングと言われ、そのフェーズごとのプロジェクトマネジメントとしても重要視されています。そのため目的などに応じたいろいろな手法が紹介されており、有効活用が期待されています。

基本的なお膳立てとして挙げられているのが、対面、会話というキーワード。人数は1対1を原則とされていますが、アイデアなどの発出を期待するのであれば、むしろ複数の方が成果は大きいと言えるかもしれません。これは状況判断が求められるところでしょう。

多過ぎるキーワードの問題点

WEB制作の初心者にありがちなのは、とにかく多くのキーワードを記事に入れてしまおうとすることです。確かにキーワードを多用することは推奨されていますが、多過ぎても問題が生じることがあります。実は理想的な記事は、キーワードの出現率が8%未満だとされます。理由の一つは、グーグル等の検索エンジンによるペナルティが存在することです。キーワードが多過ぎると不自然なサイトと見做され、ランキングから外されてしまうのです。8%未満という制約の中で効率的なSEOを達成するためには、キーワード間の比率にも注意する必要があります。メインとするキーワードを絞り込み、共起語や関連語はそれに準じる比率で使用するのが適切です。そうすれば、より一層見易いページ、サイトが出来上がるはずです。

サイトの出来

リンクを張るタイミングにも注意しましょう。まずはサイトを確実に出来が良いものに仕上げることが大切です。何故なら、いわゆるナチュラルリンクは不自然に付けられてはならないからです。ナチュラルリンクとは、自分のサイトと他人(他社)のサイトとを結びつけるのが、「情報収集に役立つ」という動機によるものです。ですから、ナチュラルリンクは徐々に増えるのが自然です。サイトに貼る時も、無闇に張り付けるのは禁物です。実はあまり知られていませんが、いわゆるSNSの類から張られたリンクは、SEO上の効果が低いとされています。おそらく検索エンジンの判断によるのでしょうが、何故かユーチューブ等から張られたリンクであれば有効のようなので、気になる人は調べてみて下さい。

ホームページ制作のメリット

初めてホームページ制作に挑戦される方とともに、サイトを開設するメリットなどをご一緒にお話ししていきましょう。最近におきましては、フリーランスの方、個人でお店を経営されていらっしゃる方、小規模な会社などにおきましても、ホームページを持っていることは珍しいことではなくなってきております。皆さん自身、何か必要な情報を得ようとするとインターネット上で検索を行うことがほとんどであるのではないでしょうか。多くの出会いの場を提供してくれるインターネット上では、ホームページを開設することによって、多くの「出会い」というメリットがあることは確かなはずです。例えば、ホームページがあることによって、お店や会社の信頼性というものが高まるなどとも考えられております。実際にフリーランスの方々にとっても、ホームページが有無は、お仕事のオファー件数などにも大きく影響が及ぼされてくるのではないでしょうか。ホームページは、皆さんのお店の名刺のような役割を通して、皆さん自身を第三者の人々他に、紹介してくれる存在でもありますし、またホームページがあることによって多くのお客様を呼び込むような宣伝マンでもあるのです。その他にもホームページには、皆さんのお店の様々な情報を掲載することができますので、お客様からのお問い合わせによって一日中電話を取り続けるといったようなことからも回避できるのです。

人とのつながりを生むオンラインサロンのなかで

オンラインサロンなどで社外の人々との接点を持つことは、実際に皆さんが退職をした後などの人間関係づくりにも大変役立つと考えられているようです。最近では個人のホームページ制作などを行いながら、社外の人々との人脈作りを活発に行っている方もいらっしゃるようですが、皆さんの中に眠る未知なる可能性が、人と人とのつながりの中で開花することを想えば、オンライン上であっても多くの人々との接点を築き上げることは、豊かな人生を築く上での基盤となってくるのではないでしょうか。サロンオーナーを経験された多くの人々が語る中では、コミュニティのオーナーになるという立場が、何よりも自分自身を成長させてくれたというような感想を持たれる方が大変多いようです。人と人がつながるなかには、時にはネガティブな事柄も浮上いたしますが、必ずそこには成長や学びがあるのだという証明をサロンオーナーたちが自らの感想として語っているのかもしれませんね。

ユーザーの納得が購入の「鍵」となります

ホームページ制作においてコンテンツ内の情報が混乱しているという状況が、時折目立つことがあります。サイト内のコンテンツ情報が混乱することによって、お客さまは、皆さんの提供するサービスや商品についての情報を納得することには至らなくなってしまうのです。お客様がサービスや商品を購入してみたいという気持ちになるためには、まずそのサービスや商品の良さを納得しなくてはなりません。サービスや商品の長所を伝えるための文章が混乱していては、その良さが伝わらなくなってしまうのです。このような状況を回避するために大切なことは、まずコンテンツ内の文章をシンプルに仕上げることです。お客様に伝えたい事柄を簡素にまとめることによって、サービスや商品の良さがストレートに伝わりやすい文章となるでしょう。お客様は皆さんのホームページを訪れる際に、まず第一にサービスや商品の詳細な情報を探しにやってくるのですです。コンテンツ内容や情報が混乱しているとなると、せっかく興味を抱いて皆さんのホームページを訪れてくれたにも関わらず、サービスや商品の内容に納得することができず購入を諦めてしまうという状況を皆さん自らが作り出していることにもなりかねないのです。

ロシアの検索連動型広告「VandexDirect」

ロシアでは、YandexDirect (Yandexの検索連動型広告プラットフォームの名称)あるいは、GoogleAdWordsのいずれかで出稿することになります。検索エンジンのシェアを考えれば、YandexDirectに重点を置いたほうがいいでしょう。

Yandex Directはロシア語だけではなく、英語のアカウント作成ページも準備されているので、英語がわかればアカウントの作成は可能です。ちなみに、GoogleAdWordsに出稿する場合、すでに日本のアカウントを持っていれば、同じアカウントでロシアにも出稿できます。

アカウントを作成する際に、簡易版とプロフェッショナル版が選べます。プロフェッショナルアカウントは、一般の検索連動型広告のように詳細なチューニングが行えますが、簡易版は機能が制限されたり、予算管理が自動化されたりと、初心者向けに作られています。アカウントタイプはいつでもスイッチできるので、まずは簡易版を利用してノウハウが身についたらプロフェッショナル版に変更するのもいいでしょう。

一文一義が必ずしもベストではない

Webライティングにおいて、検索ユーザーにとって「わかりやすい」文章になるよう記載していくのが良いとされています。そこで言われるのが、1文1義という書き方です。ここで次のような文章で違いを体験してみて下さい。まず「講習会の日程が決まりましたので、改めてご連絡しますが、その際、部署の責任者にもその旨お伝えください」という文章を、1文1義に習って分けてみましょう。「講習会の日程が決まりました。改めてご連絡します。その際、部署の責任者にもその旨お伝えください」となります。文章として少し違和感を感じるため、更に次のように書き換えました。「講習会の日程が決まりましたので、改めてご連絡します。その際、部署の責任者にもその旨お伝えください」。如何でしょうか。前文が1文2義となりましたが、文章としては別に違和感なく読めます。このように、場合によっては1文1義に拘らす、1文2義でも良さそうです。要は、全体の文章によりケースバイケースで考えてもよい、という事になりそうです。結局、読み手の側でわかりやすい、読みやすい文章が究極目的となるからです。ここで、気を付けないといけない点を挙げておきます。例えば、先の例で「<p>講習会の日程が決まりましたので、改めてご連絡します。その際、講習会の日程を部署の責任者にもその旨伝えて頂けると助かります</p>」としたらどうでしょう。この文章では一つの段落pタグ内に「講習会 日程」というキーワードだったとすると、「講習会」「日程」がそれぞれ2回ずつ現れており、検索ロボット側では、作為有る文章として検索結果順位を落とされる可能性が否めません。くれぐれも意識的と疑われるような言葉の繰り返しは、チェックで訂正するように心がけましょう。