WEBディレクター

WEB制作の中で、「ディレクター」のお仕事について調べてみましょう。WEB制作は、多くの企業では、チームを組む形で、作業に取り組んでいる流れが多いようです。チームの内訳としては、プロデューサー、ディレクター、デザイナー、エンジニア、ライターなど、クリエーターたちの集合体のようなチーム編成が組まれる事が多い傾向にあるようです。会社の方針によっては、営業担当さんが、プロデューサー的な役割として絡んできたり、プロデューサーとディレクターが兼業するような形で、ポジションが区別されていなかったり、エンジニア兼、デザイナーが居たり、その会社の人員配置によって、そのチームのフォーメーションは大きく異なってきます。「WEBディレクター」と呼ばれる人は、主にWEB制作を手掛ける中で、作業全体の指揮を取る中心的な人物でもあります。チームのクリエーターたちの請け負っている仕事内容や進行を気にしながら、お客様のご要望などのヒアリングを行い、常に、皆の動向を気にしつつ、作業の流れの指揮を行うようなポジションです。実際に、WEB制作のコンテンツ作りに関わるのは、コーディングやデザインなどのコンテンツづくりの作業全般ではなく、その方向性を決める為の、クライアントとクリエーターたちの、足場を固めたり、話合いの調整を行ったりする役回りとなる事がほとんどです。人員が少なめのWEB制作会社などになりますと、ディレクターから、デザイナー、エンジニアの全てを1人でこなすような、フリーランス的な働き方をする人もいますが、クリエーターの腕は、その人次第ですので、ディレクターやデザイナー、エンジニアの役割分担の線引きは、その人の能力次第的な部分もあります。