WEB制作とフォント

皆さんの中に、「フォント」フェチはいらっしゃいますか?時々、フォント好きな友人とお茶をすると、なんだか私には、訳の分らない世界の会話となってしまって、聞き役に徹する事もありますが、「フォント」の世界は、私が感じている以上に奥深いようです。WEB制作においても、「フォント」選びは重要です。WEB制作において、その使用目的などによっても、使用可能な「日本語フォント」は限られてきますが、フォントのもつ、字体の造形美によって、WEBサイトのもつ雰囲気も変わってくるので、なかなか味わい深いものです。フォントは、好みによって大きく分かれる事もありますが、WEB制作の中での「フォント」選びでしたら、【WEBフォント】と呼ばれるものが注目を集めています。【WEBフォント】の利点は、ユーザーが使用しているデバイスの環境に依存しないフォント表示が可能な面です。デメリットとして、WEBサイトサイト表示が遅くなったり、日本語のフォント数が少ない、有料フォントになるケースもあるなど、いくつかの気になる点は挙げられますが、WEBデザイナーや、ディレクターたちが、WEB制作の足に目指すデザイン性が、「フォント」として伝わるのは、デバイスに依存する事なく、「フォント」と表示する事が可能な【WEBフォント】になります。また、そのデメリットの改善についても、その対策として、様々な取り組みがみられるようではあります。【WEBフォント】のメリットとして、ユーザーが使用しているデバイスの環境に依存しないフォント表示が可能な他には、WEB運営の際の、更新作業が楽な事もあげられます。